恋愛・仕事・対人関係など・人生相談全般を、占いの鑑定歴20年以上 のキャリアで解決                                  占いハウス・大阪マルビル『魔女の家』に、土曜・日曜日Pm1時〜8時まで出演中   『マーサのホームページ』も、ご覧ください。                      土・日まで待てない方、遠方の方は、電話鑑定も、ご利用いただけます。

2012年05月23日

ツツジの名所

もう、見頃を過ぎたと思ってたら、まだ一生懸命に咲いて、

行き交う人々の目を、楽しませてくれてる、ツツジを見つけました。
P1000520.JPG

P1000523.JPG
すべての花には、フェアリー(妖精)が、宿ってるそうですが、

本当に癒されますね。

雨の日の道端に見つけた、小さな花に、ホッとさせられたり、

落ち込んでる時に、慰められたり。

違った種類のツツジでは、長岡天満宮のキリシマツツジの

鮮やかな朱色も、印象深いですね。

池のほとりの美しい桜のトンネルも、すばらしいですが、

その桜が散ったころから、ほころび始め、

燃え立つような、真紅に染まっていきます。
img021.jpg

そこを、鑑賞したあと、近くの乙訓寺(おとくにでら)の

ボタンを、愛でるのもいいですね。
img022.jpg

img023.jpg
乙訓に行く前に、昼食は、地元のタケノコのフルコースが、

昔ながらの味付けで食べられる、『うお嘉』の、

たけのこ料理が、おいしいです。

ツツジで思い出しましたが、三室戸寺(みむろとじ)も

綺麗でした。
img018.jpg


img019.jpg
大阪からだと、先に、『白雲庵』で、珍しい普茶(ふちゃ)料理を

味わい、三室戸寺を一周して、宇治まで足を運び、

平等院のフジ花の、長い房の見事さに、源氏物語の宇治十帖に
img020.jpg

思いを馳せ、極楽浄土を表した、鳳凰堂の優美な庭園に、

魅せられ、さすがに、世界遺産だけの事はあると感心し、

帰りに、宇治の茶そばに、舌鼓を打ちました。

こうして、振り返ってみると、常に、観光と食事が、

セットになってる事に、気が付きました。

もしかして、美味しいものを食べる為に行って、

ついでに、観光してたのかしら?

本末転倒ですね。

まあ、深く考えるのは、よして、

くいしんぼう万歳で、よしとしましょう。よ〜し!

ラベル:ツツジ
posted by マーサ at 05:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする