恋愛・仕事・対人関係など・人生相談全般を、占いの鑑定歴20年以上 のキャリアで解決                                  占いハウス・大阪マルビル『魔女の家』に、土曜・日曜日Pm1時〜8時まで出演中   『マーサのホームページ』も、ご覧ください。                      土・日まで待てない方、遠方の方は、電話鑑定も、ご利用いただけます。

2012年05月14日

タロットカードとイーチンタロット

占いをしている時、シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)

を感じて、ゾクッとすることがあります。

たとえば、お客様が選んだタロットカードが、『ワールド』で、

私が、イーチンタロットカードで見たら、

水火既済(すいかきさい)』でした。

同じ意味にとれます。

78枚の西洋のタロットとは違い、64枚のイーチンタロットは、

東洋の易を、カードにしたもので、ダイスで変爻を取ったら、

384通りのカードの意味が、とれます。

タロットは、スプレッドを展開して読んでいきますが、

オラクル的に、一枚を選ぶ場合もあります。

三角関係の恋愛で悩んでる、お客様を占った時も、

イーチンタロットで、『雷沢帰妹(らいたくきまい)』が

出ました。まさに、そのものズバリな、良くないカードです。

タロットカードでも、結果の位置に、ハートが傷つくカードの

『ソードの3』が出ました。

この場合も、結果は同じ意味に取れます。

また別の鑑定中にも、タロットカードが、『節制』で、

イーチンカードが、『水沢節(すいたくせつ)』であったり。

もちろん、同じ事柄を二回、占うのは、タロットでは

タブーなので、お客様と私とのように、人を変え、

西洋と東洋とに、カードも変えて、占いましたが、

西洋と、東洋の神様どうしが、ケンカするでもなく、

西洋のカードで占っても、東洋のカードであっても、

結果は、同じでした。

べつに、タロットと、イーチンでなくても、

私が、サイコロを使う、易で占い、

お客様が、イーチンタロットを使った場合でも、

確率384分の1にもかかわらず、まったく同じ卦が出て、

びっくりする事があります。

お客様だけで、やって、同じ意味するものを、選んだのなら、

潜在意識が、均一だからと、納得できるけど、

二人の人間が、別々の方法を使って、同じものを選んだなんて、

ユングじゃないけど、まさに、

シンクロニシティの不思議を感じます。

posted by マーサ at 07:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック