恋愛・仕事・対人関係など・人生相談全般を、占いの鑑定歴20年以上 のキャリアで解決                                  占いハウス・大阪マルビル『魔女の家』に、土曜・日曜日Pm1時〜8時まで出演中   『マーサのホームページ』も、ご覧ください。                      土・日まで待てない方、遠方の方は、電話鑑定も、ご利用いただけます。

2014年12月09日

今年の10大ニュース 2014年

まっさきに頭に浮かんだのが、野々村議員の号泣会見

だったから、私の方が泣きたくなりますが、繰り返し

映像で流れたから、印象に残り過ぎたかも。 それは、

さておき、本題に入ろうと思ったら、なぜか、

佐村河内守、小保方晴子、アスカ、小渕優子が出て

から、ダメよ〜ダメダメ!余談ですが、これが流行語

大賞を取りましたね「スタップ細胞はあります」や、

「号泣会見」も候補には上がったらしいけど、授賞式に

出られる人でないとね。ではでは、10大以上ある今年

のニュースの、日本にとって誇らしい事からだと、赤崎、

天野、中村教授がノーベル物理学賞に選ばれた事。 

錦織圭選手の躍進。羽生結弦選手らのソチ五輪での

活躍。(中国杯の試合前の練習での衝突は衝撃でした。

以前にも、村主章枝と安藤美姫が、さかのぼると、

伊藤みどりがミュンヘンでの世界選手権の試合前にも、

ぶつかった後で試合に出て、翌日の欧州の新聞で、

「立ってるだけで、やっとのはずなのに、すごい」と絶賛

された事を思い出しました。あの時は、左脇腹を強打、

相手の仏選手のエッジが、みどりさんの左足の靴に

突き刺さり、その勢いでフェンスに激突。お腹を打ち、

しばし立ち上がれなかったから、羽生選手の時は、

オーバーラップしてしまいました。こういう事が

起こらないようにする改善策って、何とか考えないと、

命がけですよね) ソチでは、浅田真央ちゃんのフリー

演技にとても感動しました。他にも、日本選手の活躍は、

すばらしいものがありました。 

和紙が、無形文化遺産に。 富岡製糸場が、

世界文化遺産に。慶事では、高円宮典子さまの御成婚。

大きな出来事といえば、集団的自衛権を行使できる

閣議決定がなされた事。
消費税が8パーセントになった

事や自民党が勝利するであろう、師走の総選挙。

(前回の選挙で倍増した、みんなの党は解党してしまい

ましたね)御嶽山の噴火。広島の土砂崩れ。(台風も、

18、19号が続けて来ました。)朝日新聞の誤報問題。

チキンナゲットも、何、これって思いましたよね。 

スタップ細胞では、笹井教授の自殺は、世界の損失

でした。逆に、iPS細胞は、世界初の目に移植、

再生医療が。脱法ドラッグでの、さまざまな事件、事故

に伴い、「危険ドラッグ」に名称変更。 長崎佐世保の

高1女子殺害にも驚かされました。 昭和天皇実録、

デング熱や、サンゴの中国漁船の密漁増加、福岡ソフト

バンクホークスの日本一、アナ雪ブームもありました。

亡くなられた方では、桂宮さま、高倉健、菅原文太、

やしきたかじん、淡路恵子、宇津井健、山口淑子、龍虎、

蟹江敬三、渡辺淳一、桂小金治、香川伸行、土井たか子、

オペラ歌手の中島啓江、料理人の周富徳、小林カツ代、

シャーリー・テンプル、ローレン・バコール、

リチャード・アッテンボロー監督、

ロビン・ウィリアムズさん等。日本以外でインパクト

あったのは、韓国セウォル号の沈没。(日本で2009

年にあった三重県「ありあけ号」では、船長が最後

まで船に残り、傾斜しながらも、浅瀬に向かうように

進み、乗客全員が無事でした) 韓国といえば、

産経新聞記者の不法拘留が海外からも非難されてます。 

スコットランドが住民投票で独立ではなく、イギリス

残留に。 エボラ出血熱。ノーベル平和賞に、

パキスタンのマララさんら。イスラム過激

派組織「イスラム国」に対し、米が空爆開始。

中国ウイグル自治区でテロ。アメリカで、黒人死亡を

めぐり抗議デモ。デモといえば、香港でも、行政長官選挙

の民主化を求めるデモが。オバマ大統領にとって痛いの

が、与党・民主党が中間選挙で大敗したこと。ロシアも、

6月のブリュッセルでのサミットから除外されて、

G8からG7へ。まだまだ、キリが無いほど浮かんでき

ますが、本当にキリが無いので、これぐらいにします。

10大じゃなく、今年の出来事になっちゃいました。

すみません。

我が家では、11月の3連休の24(月)の夜に、

ショートステイ先の施設から連絡があり、母が車椅子

から転倒し、25(火)から入院してます。去年の夏

ごろから、入退院の繰り返しで、今年1月、2月も

大変でした。今回、虫の知らせがありました。

たまたま22(土)に店で、この3連休、母は大丈夫か

と思って、なにげにタロットを引いたら、タワーの

カードが出たので、ドキッとしたけど、取り越し苦労

だろうぐらいに思ってたら、当たってて、ビックリ! 

しかし、私の風邪が治ったと思ったら、一難去って、

また一難。魔の11月って感じですね。11月は、

私も母も、トランジットの火星の角度が悪いです。

毎日、会いに行ってますが、完全看護で、付き添わなくて

いいので、母には悪いけど、ホント、ラクになりました。

食事も、やわらかく煮たりしなくてすみ、好きに調理

できるし、おむつに手を突っ込んで、ウンチの付いた手

で、ベッド周りをさわるから、洗濯に明け暮れる、黄金

のフェスティバルからも、しばらくは、さよならです。

母の事は、もちろん心配だけど、まだ直ぐに危なく

なる事はないと思うし、病院にいる限り、安心だという

気持ちが先走り、(実際、病室の方が、温度も暖かく、

家の方が寒いです)以外と落ち着いた気分なので、

不思議です。
ラベル:和紙 サンゴ
posted by マーサ at 09:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック